2018年10月19日

Part08 遠い国のお手紙



お久しぶりです♪yupicaです。
Lumioluluの世界へようこそ
ご挨拶.png
前回の更新から大分期間が空いてしまいましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
確か半年ぶりくらい⁉ฅ(º ロ º ฅ)







Lumioluluはお休みしていたものの、yupicaはあちこちお出掛けしておりました
風景.png
cocricotのサーバーさんへお邪魔したり、イベントに参加したり♪
いずれ、ブログの中でもご紹介できたら(ฅ'ω'ฅ)






そしてブログ休止中にメタブロックの使い方もちゃんと覚えて帰って来ました。
メタ勉強中.png
今までデフォルトのまま建築していたのですね。
ちょっと恥ずかしい(〃ノωノ)











それでは物語の世界へ・・・
ユピカとマシェロは元気にしているかしら?







♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦







ここはユピカのホーム村
お庭もできました.png
今日も快晴。
ぷっくりと実った小麦畑を気持ちのいい風がさらさらと揺らしています






そんな秋晴れの空を1羽の鳥が飛んできました。
空を見上げるユピカ3.png
それは大きなハトのようでした。

よく見ると足に何かくくり付けてあるみたい。


「どこへ行くのかしら?」
ユピカは不思議そうに呟きました









するとハトはホームの上空をくるりと旋回し、ユピカへ向かって飛んできたのです。

「こっちに来る!?」
空を見上げるユピカ.png
思わず身体を逸らしよけるユピカ!

ハトは恐ろしい勢いで地面へダイビングし、マリのように何度か跳ねたあとやがて動かなくなりました。






近付いてみると・・・
それはボールの様にまんまるの白いハト
太ったハト.png
「君…ちょっと"太り過ぎ"なんじゃない?
とっても可愛いけど」



ユピカが体を起こしてやるとハトは嬉しそうにポーと鳴きました♪







その足には白い封筒が括り付けてあります。
しかも宛名はユピカ!
お手紙.png
「これ…私に?」


"一体誰からだろう?"
ユピカは驚いて封筒の中身を取り出したのでした。








中から出てきたのは便せんと数枚の写真。
お手紙2.png
写真はどこかの街を撮影したもののようで、美しい風景や可愛い建物がたくさん写されていました。

「わぁ。素敵…!」
ユピカは思わず声を上げました。








「何それ?きれいな写真だね」


後ろからの声にビックリして振り向くと…
不思議な顔でこちらを見るマシェロの姿🐑
マシェロ登場.png
「おはよう。マシェロ」
「おはよ。それ、どうしたの?」


いつもの気怠そうな声で話しかけてくるマシェロ。
ユピカの持っている写真がかなり気になる様子







「うん。これさっき届いたのだけど…
古いお友達からなの」

「ふぅん・・・"その手紙"は読まないの?」



あ。と慌てて便せんを広げるユピカ。
そこには可愛らしい文字で文章が綴られていました✑
みゅーずさんのお手紙.png
「お久しぶりです。元気にしていますか?

私は今、"はやなの国のメルコット村"
という場所にいます。」




「メルコット村って写真の場所?」
「そうみたい」





写真にはオモチャのような建物が並んでいます。
メルコット村.png
どれもユニークで可愛いものばかり!
こんな場所があるなんて





「ええと。"ユピカもお家の片付けが落ち着いたら遊びに来てね。みゅーずより"だって」
muse.png
横を見れば今すぐにでも飛んで行きたいと言わんばかりに目を輝かせているユピカ。


そんな様子にマシェロがチクリと一言
「行くのはいいけど、
その前にやる事があるんじゃない?」





「へ?やる事?」


"心辺りがない"と驚いた表情のユピカにマシェロは続けました。
マシェロ怒る1.png
「ホームの内装も完成してないみたいだし?

僕の家もリフォームするって言って
なーんもしてくれてないし」


その言葉にΣギクッとのけぞるユピカ





「それに!」
ユピカの方をキッと睨むと
とどめの一言
を放ちました!

「散々僕の毛を刈っといてお布団もまだ作ってないみたいだし?別にいいけど。」

マシェロ怒る2.png
「ギクギク~ッ!」
さらに後ろへとのけ反るユピカ





呆れた表情のマシェロにごめんね💦と笑顔を向けてみたものの…
マシェロ怒る3.png
帰ってきたのは氷のように冷たい視線。
どうやら"無惨に毛を刈られた事"を未だに根に持ってるみたい。






「もう!わかったわよ!
今日中に全部終わらせてやるわよ」

ユピカ頑張る.png
そう叫ぶとユピカはホームへと飛んで行きました。


「今日中って…そこまで言ってないけど」
隣ではポーと、眠たそうにハトが頷いたのでした









かくして始まったホームの内装づくりですが
当のユピカはと言うと…
空っぽのお部屋.png
「うーん大きなベッドは絶対だし
お花も飾りたいし
それからドレッサーもほしいしなぁ」


楽しくやっているようでした















そして明くる日の朝



「起きなさーい!」という声で目を覚ましたマシェロ
出て行って1.png
「まだ早いけど?」
と眠たそうに目をこすっていると

両手いっぱいに荷物を持ったユピカがやって来ました








「ほら今からマシェロの家も装飾しちゃうから
ちょっと外出ててよ」

出て行って2.png
「えええ。いいのに」
面倒くさそうにするマシェロでしたが…

「マシェロがやれって言ったんでしょう?」
仕返しとばかりに言い返すユピカ。







やれやれとお家から出てきたマシェロは・・・
ホームは.png
「そう言えば、
ユピカの家はどうなったんだろう?」


ふらふらとホームへ向かったのでした。






「ふーん玄関は変わった様子はないけどな」
入口をくるりと見渡し呟いたマシェロでしたが…

ドアを開けてビックリ!
内装3.png
昨日まで何もなかった窓辺に大きなベッドが置いてあったのです!






触れてみるとたっぷり陽を浴びたお布団はふかふか
内装1.png
大きな窓からは気持ち良い風が漂い、思わず飛び込みたくなる誘惑にマシェロは首を振りました。

「お昼寝に最高の場所すぎる…







ふり返ると殺風景だった玄関はキレイに作り替えられ、お花のランプが飾られています。
玄関2.png
入口には便利な洋服掛けまで!




さらに部屋を見渡せば…
昨日まで空っぽだった部屋は見事に内装が仕上がっていました
キッチン マシェロ3.png
マシェロは引き寄せられるように部屋の奥へ歩いていきました。







窓辺には小さな書斎机
書斎机.png
ランダムに並んだ本棚や、散らかった感じが少しユピカらしい雰囲気。





机の上をみてみるとには昨日の手紙がそっと置かれ、壁には大切そうに写真が飾られています
書斎机2.png
"これを見ながら頑張ったんだろうな"

内装作りに奮闘するユピカを想像してマシェロは微笑みました。






机のそばには引き出しでいっぱいの棚
小物入れ1.png
きれいな石や押し花
マシェロのプレゼントした貝殻


そこに仕舞われているものが何となくわかるような気がしました。

「後で、何が入っているのか聞いてみよう」







そしてビックリしたのがこの化粧台
内装2 4.png
リボンの飾りが付けられ、ピンクで統一された空間はいかにも!という女の子らしいデザイン





「ユピカってこういうの興味あったのかな?」
化粧台2.png
可愛らしい小瓶を眺め、マシェロは呟きました。
特別なオシャレをしているの見たこと無いけど…







そしてマシェロが一番に気に入ったのは、緑がいっぱいの窓辺
窓辺の緑1.png

窓辺の緑3.png
陽当たりの良い空間は居心地がよくて、のんびりするにはもってこいの場所




窓から見える森の風景もいい眺め!
窓辺の緑2.png
"寒くなってきたら
ここでお昼寝しようかな?"


なんて勝手に考えているマシェロなのでした♪








部屋の反対側を見れば…
ユピカがいつもいるキッチンも雰囲気が変わっているようでした。
キッチン1.png
「どこが変わったのかな?」

わくわくしながら
マシェロはキッチンへ向かいました。







近付いてみると…
カウンターの横には今までになかった食器棚が!
キッチン 食品棚1.png
棚には食器や瓶がきっちりと並べられています。
ここだけ何だかお店みたい





反対側には食器やタオルをしまう棚が新しく設置されていました。
キッチン 食器棚1.png
吊るされたキッチンクロスが楽しい雰囲気♪

"もっと美味しいものが
食べさせてもらえそう"

マシェロはじゅるりとヨダレを飲み込みました。








と。その時!
「マシェロ~!なんだここにいたの?」

勢いよくユピカが家へ飛び込んできたのでした

ユピカ登場.png
「あ。ユピカ、この部屋の事なんだけど…」
ホームの内装について感想を言おうとしたマシェロでしたが…


「そんなことより
マシェロのお部屋の装飾が終わったの!

ほらほらこっち来て♪」

と、強引に自分の家まで引っ張られていきました。






「じゃーん。どう素敵でしょ?」
部屋に入るとユピカはにっこりと笑いました。
スノーホワイト 内装2.png
壁は淡い水色に塗り替えられ、お花で作った大きなリースが飾られていました。




ちょっと可愛すぎない?と思ったマシェロですが…


「うん。とても気に入った」
と答えました。

内装1.png
「これ白雪姫をイメージして作ったんだけど、
やっぱりマシェロにはにあうわね」

「・・・姫?」


満足そうなユピカを見て
"ま。いっか"とマシェロは笑いました








が、笑っていられたのはここまで。



外に出たユピカはさらりとマシェロに言いました。
「それじゃ、マシェロ!行くわよ」

グッバイホーム4.png
ユピカの急な発言に「へ?」と間抜けな声を返すのが精いっぱいのマシェロ。

よ~く見ればユピカの足元には大きなトランク。
それから居眠りをする白いハト




まさか…と青ざめるマシェロ
ユピカはにっこりと答えました。

「今からメルコット村に行くのよ」






「ええええ~!」
グッバイホーム5.png

ホーム中に響き渡る声でマシェロは叫びました。


その傍では白いハトがポーと、
幸せそうに鳴いたのでした









to be continued…




♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦






最後まで読んで頂きありがとうございました
グッバイホーム.png
何だか急展開を迎えた物語ですが…(;・∀・)
果たして2人はメルコット村へたどり着けるのでしょうか?


次回もユピカのLumiolulu(夢をみる)世界
お付き合いください。

それでは、次の物語でお会いしましょう



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦



きぃこ様の作られたリソースパック「cocricot」を使用させて頂いております→サイトはこちらです

ユピカのスキン作者くまメイプル様チャンネル→こちらです





posted by yupica at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。