2018年03月14日

Page03 小さなお庭とマシェロのベル


こんにちはyupicaです
Lumioluluの世界へようこそ

オープニング2.png
ごゆっくりしていってね☕(*^^*)




最近マシェロのツンツンした性格がお気に入りの
私yupicaですが…
羊の比較.png
cocricotのシックなデザインがあってこそだなぁと
しみじみ思います(笑)

もしもマシェロの顔がバニラの方だったら…!
と思うと笑ってしまいますね( *´艸`)







では
物語をのぞいてみましょう


前回はLumiluluの世界にホームが完成🏠
ホーム 正面3.png
優しくてどこか懐かしい…
ユピカの大切な場所が出来たのでした





一方、羊のマシェロが急にしゃべり出したことで
ユピカは大パニック!

マシェロだよ.png
"マシェロは一体何者なのか!

そして…今後の1人と1匹の関係は
どうなっていくのか!?"








――まだまだ色々なことが起こりそうね…(笑)






それでは
物語の世界へ・・・





♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦








窓から差し込む光が風に揺れ

ユピカを頬をやさしく…
撫でる様にきらめきました





それが幾度と繰り返され


やがて・・・
ユピカは眠りから覚めました
朝日.png
なんて心地よいのかしら…


ふかふかのベッドに風に揺れるカーテン
やっぱりお家って最高…!






ホーム完成から数日が立った朝のこと…
幸せそうに布団にくるまるユピカの姿がありました
べっど.png
でも…
そろそろ起きようかしら?





室内を見渡せば
自分がさっきまで寝ていたベッドが置いてあるきり
空っぽのお部屋.png
「お家の中も早く作らないとね・・・」

空っぽの部屋で
ユピカは一人呟いたのでした






眩しい光に誘われドアを開けると…
外はとても素敵なお天気!
いいお天気.png
ユピカは両手を広げると思いっきり深呼吸をしました

ここ数日の成果で庭はお花や木が溢れ
すっかりユピカお気に入りの場所になっていました





そして
隣を見れば・・・

そこには気持ちよさそうに眠るマシェロの姿
寝るマシェロ.png
見ているこっちが羨ましくなるくらい幸せそうね



"私もお庭にベッド持ってきて
お昼寝してやろうかしら?"



ユピカは腕組みをすると
じっと横目でマシェロを見下ろしました





あれから数日・・・
何事も無かったかのように過ごしているけれど
マシェロ.png
一体何者なのかとか、どうして喋れるのかとか
色々気になることが多すぎて…!


ユピカは落ち着かない日々を過ごしていたのでした











「まぁ…気にしたって仕方ないわよね」


ふぅとため息をつくと
ユピカは作業机に向かいました

sagyoutukue3.png
この机は大好きなお庭でゆっくり
好きなことをするために作った特別な場所


葉っぱ越しに光るお日さまの光が優しくて
ユピカはとても気に入っているのでした








さらに大好きな理由がもう一つ

机の上のスイッチを押すと…
スピーカーから楽しい音楽が流れ出しました

ラジオ hello.png
"音楽って本当に素晴らしいわ!"

ユピカがにっこりと
ご機嫌でペンを手に持ったその時――――







「ねぇ。何それ?」

背後から水を差す冷たい声




振り返ると・・・
不機嫌そうに立つマシェロの姿がありました
不機嫌なマシェロ.png
どうやら音で目が覚めてしまった様






「これはラジオよ。」

ユピカはきっぱりとした声で答えました
sagyoutukue4.png
「遠くで人の話している声や音楽を聴いて楽しむの」







――ふぅん…
とスピーカーを眺め回すと

マシェロは興味無さそうに背を向けました
嫌味たっぷりに.png

「・・・僕は風の音で十分だけど」


嫌味たっぷりに吐き捨てて







「羊はそれで十分かも知れないけど
私はそれじゃ足りないの!」

遠くへ.png
ユピカの言葉を聞いているのかいないのか…?

マシェロはさっさと背を向け
何処かへ立ち去りました



"もう!可愛くない・・・!"








ユピカはムスッとした表情のまま
机に向かいました



それからしばらく
ユピカは一所懸命に何かを作り続けていたのでした
クラフト.png
机の上には…
木材に、ナイフにそれから白い布と赤いお花

どんな素敵なものが完成するのかしら?












そして夕暮れの頃

うーん…とオレンジ色の空に向かって伸びをする
ユピカの姿がありました

伸び2.png
「もうこんな時間なのね」

楽しい事をしてると時の過ぎるのの早いこと!







「そういえば…
マシェロまだ帰ってこないわね…」






ユピカはふらふらと
夕暮れに染まったお庭を歩き始めました
夕暮れの庭.png
オレンジ色の世界は美しく、いつもよりも親し気にユピカに語り掛けているように感じるのでした





これは最初に作ったテーブル
テーブル.png
木のツギハギがぶきっちょで、そこが好き
今ではすっかりご飯を食べる場所になってるけど





ここは荷物を置いたり、何だかごちゃごちゃね…
バザー.png

バザー2.png
片づけなきゃって思うけど
このまんまの雰囲気も悪くないわよね

お庭でバザーでも開いているみたいで楽しい気分







夕陽に向かって丘を登っていくと小さな段々畑
畑2.png

畑.png
にんじんにじゃがいもに小麦
そろそろ…食べ頃かもしれない


小さな植物の成長をを見守ることは
とても楽しく幸せな気分でした





丘を登り切ると・・・
ユピカはホームを見下ろしました
お庭もできました 夕方.png
小麦は海風に揺れて
さらさらと黄金色を輝かせ

それは魔法のように美しい風景でした








そんな不思議な時間の中・・・

気付けばマシェロが
目の前に立っていたのでした

いつの間にか.png
その口に青い何かをくわえて





ユピカはかがみこむと
マシェロの口元の何かを手に取りました


ふぅ…とようやくマシェロは息を吐きだしました


それはこの辺りでは見かけない
青く美しい花でした

青い花.png

「散歩していたら見つけたんだ。」
マシェロは来た道を眩しそうに振り返ると言いました






「これ私に?」

「・・・そうね。ボクが持っていても仕方がない」
青い花とユピカ.png
驚いた顔から満面の笑みへと変わるユピカから
思わず視線を外すマシェロ・・・


そんなマシェロの首元に
ユピカは何かをきゅっと結びつけたのでした







コロン・・・
と鳴った優しい音にマシェロは目を細めました
夕焼けと2.png
下を向くと
首元には木製の可愛らしいベルが揺れていました🔔


ユピカが1日作り続けていたのは
このベルだったのです







マシェロが動くと
コロンと温かい音がひとつ浮かんで

夕焼けへ溶けていきました
悪くないね.png
「・・・悪くないね」



マシェロは
オレンジの空に向かって呟いたのでした





to be continued…







♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦






最後まで読んで頂きありがとうございました
プレゼント.png
何だか不器用でちぐはぐな1人と1匹だけど…
そこがまた…悪くない感じ(*´艸`*)

プレゼントは大切にね♡





ちなみに♪
どんなベルだったのか気になる!という方へ

全体像 斜め裏.png
どうやらこちらのブログで
ご紹介されているみたい(*^^*)


☆マインクラフトのブログ「めちゃクラ」こちら





次回もユピカのLumiolulu(夢をみる)世界
お付き合いください。

それでは、次の物語でお会いしましょう



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦



きぃこ様の作られたリソースパック「cocricot」を使用させて頂いております→サイトはこちらです

ユピカのスキン作者くまメイプル様チャンネル→こちらです



posted by yupica at 15:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次回はマシェロの家を作ってみたらいいんじゃないですか?お時間あったらやってみてください
Posted by 酒桜 at 2018年03月18日 08:01
>酒桜さん

コメントありがとうございます~🐑

実は次々回でマシェロのお家を作ろうと考えていたところなんです( *´艸`)
可愛いお家になるよう頑張りますね!
Posted by yupica at 2018年03月18日 23:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。