2018年03月26日

Page05 スノーホワイト


こんにちはyupicaです
Lumioluluの世界へようこそ
オープニング.png
ごゆっくりしていってね☕(*´▽`*)




最近すっかり陽が長くなったこと
ビックリしておりますyupicaです(笑)
朝日.png
夕方にふと窓の外を見て明るいと
ついつい嬉しくなってしまいますよね(*´艸`*)





では
物語をのぞいてみましょう









前回はお料理に挑戦したユピカ
お料理開始.png
材料を集めたり、キッチンを作ったり
頑張りました♪




その結果…
星空の小さなディナーは大成功
鍋いっぱいのシチュー.png
温かいシチューに
心の底からポカポカになった1人と1匹なのでした



お料理ってとびっきりの魔法ね(*^^*)








さてさて。
今回はどんなことに挑戦するのかしら?




それでは
物語の世界へ・・・





♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦







ホームの気持ちのいい朝



箱いっぱいの果物や野菜を抱えて
風車から出てくるユピカの姿がありました
風車小屋2.png

"きょうもいいお天気ね"

空を見上げるとユピカはにっこりと笑いました








キッチンが完成してからというもの
すっかりお料理がブームのユピカ



今日のお昼ごはんは…

りんごのサラダにキノコのオムレツ
それから採れたてのミルク!

お昼ご飯.png
料理でいっぱいのテーブル
満足そうに見渡すのでした





それでは
「いっただきまーす!」




空いっぱいに挨拶したその時・・・
雨2.png
テーブルの上にぼとりと・・・
大きな雨粒が落ちてきました





ユピカがあっけにとられていると

ぼとりぼとりと
次々に雨粒は落下し・・・
雨.png
瞬く間に
辺り一面大雨に包まれてしまいました







「大変‼」


ユピカは食器を持って慌ててホームに駆け込むと…
ホームへ.png
最後にマシェロを室内へ引っ張りこみ
ドアをぴしゃりと閉めました












いつもよりワントーン暗いホームの室内



恨めしそうに外を眺めるユピカの姿がありました
雨の窓際.png
「これじゃ今日一日は外に出られそうに無いわね…」



叩きつけるような雨音はどんどん激しくなり
遠くでは雷の音さえ聞こえてくるのでした





マシェロはといえば…
室内を興味深そうに見回している様子
窓の外を見るマシェロ.png
"そういえばマシェロがここに来たのって
初めてだったかしら?"








ユピカはふと浮かんだ疑問を口にしました
疑問.png
「ねぇ。マシェロって…
いつもどこで寝てるの?」




なんでそんなこと聞くのだろうと
不思議そうにマシェロは答えました

「・・・最近は庭かな?」

「雨の日も?」
「雨の日は森の中だね」



「それじゃあ濡れちゃうじゃない!」

ユピカは驚いた様に叫びました

濡れちゃうじゃない.png
「・・・いやでもボク羊だしさ」

それに対して
しれっと答えるマシェロなのでした





ふぅん…
何か考え込むように黙り込むユピカ






それからしばらくして…
キッチンのテーブルで何かを書き始めたのでした
ユピカ 考え中.png
時々難しそうな顔をして考え込んでいるようだけど
一体何をしているのかしら?





やがて1人と1匹は
それぞれの世界に入り込んでいったのでした





そして
一時間ほど経過したころ・・・
のび.png
作業が一区切りついたのか
ふぁぁと大きな口を開けてあくびをするユピカ





一方マシェロはといえば・・・
じっと座って窓の外を眺め続けているのでした
窓の外を見るマシェロ2.png
「ねぇ…
マシェロは何をしているの?」





ユピカが静かに声を掛けると・・・
マシェロは眠たそうな目をこちらに向けました
雨の音を聞いている.png
「雨の音を聞いてるだけだよ…」

そう答えると
再び窓の方へとゆっくり顔を戻したのでした





「・・・雨の音?」

ユピカは窓辺に立つと
外の世界へ耳を傾けました

雨の音.png
すると・・・
ザァザァという雨の音に混ざって

ポトポトと葉っぱを滴るしずくや
屋根をトントン鳴らす雨粒・・・

色んな音がユピカの耳に飛び込んできました








隣では・・・

灰色の雨の世界が
マシェロの雪の様な毛並みに神秘的な影を落とし

それはまるでおとぎ話の様に美しい光景でした
窓辺のスノーホワイト2.png
ユピカは思わずつぶやきました

「マシェロって白雪姫みたいね・・・」





「・・・姫?」

訳が分からないといった様子で
マシェロは顔をしかめました






なんでもないとクスクス笑うユピカ
青い花.png
その様子を窓辺の青い花
ひっそりと見つめていました













あくる日の朝
柔らかい光溢れるホームの室内
朝のホーム.png
マシェロは静かに目を覚ましました



チュンチュンという鳥の鳴き声に
温かい陽の光



ようやく雨は止んだのかと考えていると

外からゴオンという物凄い音!





何事かと外に出ると・・・
森の前でオノをもったユピカの姿がありました
木こりなユピカ.png
「何してるのさ?」

マシェロが驚いて聞くと・・・





ユピカはにっこりと答えました

「何って…
マシェロのお家を作るのよ」

「ボクの家?」






戸惑いを見せるマシェロに
ユピカはきっぱりと言いました
海辺のユピカ.png
「気に入らなかったら使ってくれなくていいわ。
ただ…マシェロを見ていたら作りたくなったの」



マシェロは何も答えることが出来ず
そんなユピカの後姿をただ見ているのでした





こうして始まったマシェロのお家作り
朝日とユピカ.png
作業は数日に及び…

その間マシェロは
祈るようにその様子を見守りました











そして数日後の朝・・・


森の入口で番をするように眠っていたマシェロのそばにユピカがやって来ました
眠るマシェロ.png
ユピカはしばらく
眠るマシェロの様子を見つめていましたが…


やがて・・・
倒れる様に眠りに落ちていったのでした







それから数分後・・・
すれ違うように目を覚ましたマシェロは
起きたマシェロ.png
まずユピカが隣に倒れていることに驚いて・・・

それから…
目の前に広がる景色にビックリしました






何故ならそこには・・・
バラの花畑2.png
昨日までなかった真っ赤なバラの花畑
広がっていたからです




「これがボクの家・・・?」


マシェロはフラフラと建物の方へ近づきました




それはつい先日、ユピカが自分のために作ってくれたベルをイメージして作ったという建物
正面4.png
「ヘンテコな形…」
マシェロはふっと笑うとつぶやきました


ここにボクが住むの?






建物の中央には大きな赤い装飾
バラ飾り.png
真っ赤なバラの花をイメージして作ったものだろうとマシェロは思いました

それは陽の光が当たるたびにキラキラと輝き
まるで宝石の様でした





入口には葉っぱで出来たリボンのアーチ
正面 装飾 葉っぱ.png
とっても可愛いけど
これってユピカの趣味じゃなくて?

まったくもう・・・。






さらに建物の上部を見れば…
真っ白な不思議な装飾
正面 装飾 屋根2.png
"これは何だろう?
何かの取っ手みたいだ"

今にもクルクル回りだして
面白いことが起こりそうなその雰囲気に

いかにもユピカらしいなとマシェロは微笑むのでした





さらに側面から見ると
それは自分の首元のベルそのものでした
側面3.png
窓の形もリボンもマシェロの知っているベルの形



マシェロが自分の首元を見ると
ベルはコロンと音をたてました







建物の裏側は正面同様にバラの装飾が施され
それは海の光を受け、より美しく見えました
裏側2.png
隣には・・・
風を受けてそよそよと揺れるバラの海




マシェロはその赤い波を眩しそうに見つめました
裏側 庭2.png
・・・赤いバラの花が好きだなんて
ユピカに言ったっけ?

どうして知っているのだろう





花壇をよく見よう
丘の上に登ったマシェロは驚きました
庭 真上2.png
何故なら
花壇そのものがバラの花の形をしていたからです






さらに花壇は石や木材など様々な素材で作られていて
いくら見ても見飽きない美しさなのでした
庭 斜め上から2.png
これを作るのに
どれだけ時間がかかったのだろうか・・・?





マシェロがユピカの元へ戻ると…

その泥だらけで傷だらけの白く細い腕は
緑の草原に無防備に投げ出され
ユピカを見るマシェロ3.png
すやすやと気持ちよさそうに寝息をたて
眠っているのでした






やれやれとマシェロが隣に腰を下ろすと…

ユピカはふかふかのマシェロの体を抱きしめ
さらに…深い眠りへと落ちていきました






「・・・ありがとう」


マシェロはそっけなく言うと目をつぶり…
やがて夢の世界へ落ちていったのでした
バラたち.png
そんな1人と1匹の様子を
バラの花たちはキラキラと見守っていたのでした




to be continued…




♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦






最後まで読んで頂きありがとうございました
晴れ.png
雨上がりって…
素敵なことが起こりそうで大好き(*´艸`*)



次回もユピカのLumiolulu(夢をみる)世界
お付き合いください。

それでは、次の物語でお会いしましょう



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦



きぃこ様の作られたリソースパック「cocricot」を使用させて頂いております→サイトはこちらです

ユピカのスキン作者くまメイプル様チャンネル→こちらです





posted by yupica at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。