2018年03月08日

Page02 夢みたいな夢のホーム


こんにちはyupicaです
Lumioluluの世界へようこそ

ごゆっくりどうぞです☕(*´艸`*)






ブログを始めてから
よく絵を描くようになったのですが…

作業は大体アナログとCG半々くらいでやっております
くま.JPG

きゅん.png
どちらも好きなので気の向いた方で楽しんでます

こちらもマイクラと同じく
長く続けたい趣味ですね~(*´▽`*)






それでは
Lumioluluの世界をのぞいてみましょう


前回は・・・
素敵な場所2.png
不思議な白い羊に導かれ、
運命の場所に巡り合ったユピカ

ここにホームを建築することにしたのだけれど…





どうもこの羊さん…
怪しい感じがするのよね~

マシェロ1.png
しかもマシェロなんて名前まで付けちゃって!
ユピカったら・・・

まだまだ先行きが心配ね(笑)





ではでは
物語の世界へいってらっしゃい・・・




♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦





その夜、ユピカは夢を見ました





夢の中では
ユピカは素敵なお家に住んでいました
夢.png
"可愛い雑貨にふかふかのベッド
たくさんのお花と動物に囲まれたガーデン"

それはとても暖かくて幸せな心地でした



これが…私の求めているホーム?






やがて・・・
白い光に包まれて

ユピカは湖の畔の草原で目を覚ましました
目が覚めると.png
ここは、昨日たどり着いた湖…
いつの間にか眠ってしまったのね


それにしても"夢みたいな夢"を見ていたわ





ぼうっとしていたユピカは"何かフワフワしたもの"を抱きしめていることにようやく気が付きました
羊のおふとん.png
それは雪の様に美しい毛並みの1匹の羊でした
すぅすぅと寝息を立ているようです



私ったら!
この子をお布団代わりにして眠ってしまったみたい!










「ごめんねマシェロ」


ユピカは羊を起こさないようにそっと立ち上がると
海辺の方へと歩きました
オープニング.png
朝の海はキラキラと希望の光に満ちていました

そしてユピカはここにホームを建てようと決意したことを思い出したのです








ユピカはその光を受け止めるようにうなずきました

「あの夢みたいな夢を
私は必ず作ってみせる!」

頑張る.png

こうして・・・
ユピカのホームづくりが始まったのです!









ブロックを積んでは壊して、ため息ついて
一つ作っては大喜びして

建築中 yupica making a house.png
それは決して簡単な作業ではありませんでした

服は汚れて手も傷だらけ
しかし、ユピカの表情は明るく満ち足りていました




そんなユピカの様子を見ていた1匹の羊は
ようやくふうっと笑ったのでした

作業没頭.png
作業に没頭するユピカを眩しそうに眺め…
やがて眠りへと落ちていきました

幸せな夢に包まれながら





そして・・・
マシェロが再び目を覚ました時

目の前にそのお家がありました




「 …………きて!

ねぇ、マシェロ起きて!」


夢の世界からマシェロを呼び起こしたのはユピカの声
完成です.png
その姿はボロボロで…
だけどとびきり明るい笑顔をしていました

「見て!ホームが完成したの!」





マシェロは吸い寄せられるように家へ近づきました
完成です3.png
その顔はとても不思議そうでした

何故なら…それが
夢にでてきた家にそっくりだったのです!





木と石で作られた優しい風合い
ホーム 正面3.png
色褪せた石の表情の一つ一つが夢の中の記憶と一致することにマシェロは驚きました




大きく描かれたアーチはにっこりと微笑み
そんなマシェロを優しく見下ろしています
ホーム 正面 アーチ2.png
―――ホーム…

心の中に浮かび上がったのはその言葉でした







さらにマシェロは家の隅々まで見始めました

こちらは玄関
ホーム 正面 玄関.png
木の階段と装飾はとても暖かく
訪れた人を安心させる優しいデザインです



さらに窓辺では…
ステンドグラスが陽の光を受けてきらきら輝いて
ホーム 正面 窓.png
そこから差し込む光は美しく
特別なものに感じられました





マシェロは建物の側面に回ると
もっと驚いたのでした!
ホーム 側面 反対.png
まるでそれが
小さな教会の様な姿をしていたからです

心から求め、さまよいたどり着いた場所
まるでそれを象徴するかのようでした




しかし…その奥にあるのは十字架ではなく
心を映す鏡
ホーム 側面 反対2.png

ホーム 側面 反対3.png
覗き込むと
そこに見えるのはきっと彼女の心の内そのもの







一見正面と同じに見える裏側はよく見ると屋根の形が違っていることにマシェロは気が付きました
ホーム 裏3.png

ホーム 裏  上部.png
三角の屋根が大きく塔のように作られています


ここに登れば
あのヘンテコなパンツの塔がよく見えそうだ

マシェロは思わずふっと笑みをこぼしたのでした







何より目を引いたのは屋根の装飾
まるでくるくる回るオルゴールの様
ホーム 正面 上部.png

ホーム 正面 上部3.png
ぶら下がったランプは楽し気で
くるんと渦巻いた形は羊の角の様に自由で



"いいね。これ

まるで、キミの頭の中を
覗き込んでいるような気分だよ"





その先端は天へ向けてまっすぐ!
ホーム 正面 上部2.png
最後までよく頑張ったのだと
マシェロは感心して…それを眺めていました






そして・・・
隣を見れば嬉しそうに自分を見ているユピカ
入口にて.png
「どう?素敵なお家でしょ?」

その無防備すぎる姿
ついにマシェロはこらえきれなくなったのです







ふっと笑うと言いました


「キミは一人で随分と楽しそうだね。
独り言が好きなの?」

マシェロ.png
初めてユピカの目を見て
初めて言葉を投げかけました






一方ユピカはマシェロがしゃべった事実
ただただ…びっくりしていました




色んな言葉が頭の中を巡り巡って
思わず口から飛び出たのは・・・

ユピカ.png

「じゃあ…あなた
本当の名前はなんていうの?」






すると・・・
マシェロは得意げに答えるのでした
マシェロだよ.png

「マシェロ。

ボクの名前はマシェロだよ」







to be continued…







♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦






最後まで読んで頂きありがとうございました
素敵な場所.png
ついにホームが完成しましたね

一方マシェロに関しては
とんでもない事件が起きたようですが…


今後2人の関係はどうなっていくの⁉(・△・*)






次回もユピカのLumiolulu(夢をみる)世界にお付き合いください。

それでは、次の物語でお会いしましょう



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦



きぃこ様の作られたリソースパック「cocricot」を使用させて頂いております→サイトはこちらです

ユピカのスキン作者くまメイプル様チャンネル→こちらです



posted by yupica at 17:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

Page01 羊のマシェロ


こんにちはyupicaです
Lumioluluの世界へようこそ

ゆっくりしていって下さいね☕(*´艸`*)



気づけばすでに3月
寒い日が続きますが、頭の中はすっかり春模様です
オープニング2.png
水辺や緑がたくさんある場所を見つけると、ついつい嬉しくなってしまいます





ちなみに・・・
ユピカの衣装はブーナッドという民族衣装がモデル
ぶーなっと.png
お花畑が似合う春っぽい雰囲気が気に入っています
とっても可愛らしいですよね🌷






それでは
Lumioluluの世界をのぞいてみましょう


前回はたしか・・
ホームを求めて.png
ユピカがホームを探す旅に出たのよね
これから一体どうなってしまうのかしら?

前途多難な予感(笑)





ではでは
物語の世界へ・・・



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦











あれから・・・

どれくらい時間がたったのでしょうか?




海沿いの崖をやっとの思いで降りた頃には
2度目のお日様が空に輝いていました
お日さまとパンツの塔.png
ユピカは空へ向かってふうっと息をはきました



「お日様って良いわね
だって空に浮かべるんだもの!」







さて。
これからどこに行こうかしら…?
草原.png
辺りを見渡せばそこは草原の海
目指す目標もなにもないのでした





ユピカは背の高い草を手折ると草原を歩き出しました
草を片手に2.png
草をブンブン振り回し

でたらめな歌を歌いながら






すると…草を食んでいた羊たちが次々とユピカの後を付いてきたのでした
ヘンテコなパレード.png
振り向いたユピカはビックリ!

だって知らない間にヘンテコなパレードの先頭にいたんだもの






ユピカが立ち止まると、羊は手に持った草にクンクンと顔を寄せてきました
羊の群れ.png

「これが欲しいの?」


草を羊の口元へやると
羊たちがわっと周りに群がりました

どうやらこのひとたちは、草がお目当てみたいね






しかし…
草を食べ終わった途端

羊たちは次々とどこかへ消えてしまったのでした
ひとりぼっち.png
そして再び
ユピカはひとり草原に取り残されました


草目当てとはいえあんまりだわ・・・






"足も痛いし、もう喉もカラカラ…
私はどこに行けばいいの?"


すっかり途方に暮れてしまったのです





すると・・・
1匹の羊がユピカのそばに寄ってきました
白い白いひつじ.png
その羊は他の羊たちより白く美しい毛並みを持ち、
その瞳は深い森の奥のような緑色をしていました

ユピカははっと目を奪われました





「草はもう持っていないの。ごめんなさい」
白い白いひつじ2.png
ユピカが頭を撫でると
羊は鬱陶しそうに首を振りました。

そしてユピカの前を歩きだしたのです


まるで"付いてこい"って言っているみたい…
不思議な子・・・






ユピカは白い羊の後を付いて草原を歩きました
草原3.png
その間世界はとても静かで、さわさわと草の揺れる音だけが存在しているようでした






やがて夕暮れの乾いた風が草原を揺らして
黄金色の海になる頃・・・

1匹と1人は小さな池のほとりにたどり着きました
池のほとり2.png
目的地はここだったようです





羊はユピカに目もくれず、優雅に水を飲み始めました
池のほとり.png
それは冷たくて透き通った美味しそうな水でした





さらに周りを見渡すと…ここが素晴らしい場所であることにユピカは気が付きました
ここにホームを3 2.png
小さな砂浜と森、それからきれいな湖もあります

「ここにお家を建てるのって素敵な考えだわ!」


ユピカはやっと
自分の求めていた場所を見つけたのです







ユピカは羊にお礼を言いました

「案内してくれてありがとう。」

マシェロ2.png
羊は気怠そうにこちらを見ると地面に横たわりました



…愛想のない子ね
ユピカは微笑むと、さらに言いました






「私、あなたのことマシェロって呼ぶわね。
だって雪の様に真っ白だから。」

マシェロ1.png
すると、羊は一瞬驚いたような顔をして

やはり
興味がなさそうに目をそらしたのでした








しかし、そのとき・・・
夜.png
瞳の中の深い森の奥に一瞬灯った光
ユピカの目は確かに見ていたのです





to be continued…




♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦




最後まで読んで頂きありがとうございました
素敵な場所.png
ついにユピカがホームを建てる場所を見つけたようですね
そして大切な友達を・・・




次回もユピカのLumiolulu(夢をみる)世界にお付き合いください。

それでは、次の物語でお会いしましょう



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦



きぃこ様の作られたリソースパック「cocricot」を使用させて頂いております→サイトはこちらです

ユピカのスキン作者くまメイプル様チャンネル→こちらです

posted by yupica at 03:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

Page00 はじめまして 世界



皆さま、はじめまして
yupicaといいます。
はじめまして.png
coricotを使ったマインクラフトのプレイ日記を始めます。
どうぞゆっくりしていってね(*´艸`*)




物語が始まる前に少しだけ自己紹介(*^^*)
(興味のない方はサクッとスクロールしてね(笑))
ユピカちゃん.png
名前は「ユピカ」と読みます

マインクラフト歴は1年と半年
ずっとバニラ世界でプレイしていました

この度は初めてのcocricot建築に挑戦します





使用するバージョンは1.7.10

1.10.2とどちらにしようか迷いすぎて
今回のワールド立ち上げ前に試作をしています♪
試作1.png

試作2.png
せっかく作ったのに日の目を見ない建築たち

これにて供養です
ちーん(o_o)





それからマイクラと同じくらい絵を描くのが好き♡
lumiolulu カラー2.png
ブログでも色々な出来事や出会ったものの絵を描くので楽しんでいってね




・・・と。
すこし前置きが長くなりましたね(笑)

では参りましょう


物語のはじまりはじまり~



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦









気が付くと…


目の前にはあったのは
まばゆいばかりの光の海
産まれた朝2.png
ユピカが産み落とされたのは海沿いの崖の上

それはそれは…
美しい場所でした





空があって、海があって、土があって、木があって・・・
産まれた朝4.png
なにより自分自身が存在している

そのことに気が付きました





私が生まれた場所を忘れないように産まれた朝1.png
ユピカはここに目印を作ることにしました




完成したのは・・・
キラキラ輝くパンツの塔
建築紹介.png
これなら大丈夫
いつでもここに戻ってこられるわ




そして・・・安心したユピカは「自分が何かを求めている」ことに気づいたのでした
さ迷う羊.png
探しているのは…そう

自分が心から落ち着ける場所
— ホーム —






どこかに自分のお家を作りましょう
ホームを求めて.png

"ごはんを食べて

温かいお布団にくるまって

楽しい夢を見ましょう"







広い夜空に向かってユピカは声をかけました

「おじゃまします」

夜空.png
その言葉は夜空に飲み込まれて、消えて

小さな星がひとつ
瞬いたのでした









やがて
ユピカは歩き出しました

心に想うホームを求めて…
マシェロ1.png
その様子を見ていた1匹の羊
不思議そうに目を細めました





まるで・・・
朝焼けの海を見つめるかのように
産まれた朝3.png

眩しそうに




to be continued…





♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦




最後まで読んで頂きありがとうございました
skin1.png
楽しんでいただけたでしょうか?


次回もユピカのLumiolulu(夢をみる)世界にお付き合いください。

それでは、次の物語でお会いしましょう



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦



きぃこ様の作られたリソースパック「cocricot」を使用させて頂いております→サイトはこちらです

ユピカのスキン作者くまメイプル様チャンネル→こちらです

posted by yupica at 17:23| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。